不安、恐れ、怒り、悲しみ…感情もちゃんと感じよう。

シェアする

 

 

昨日のブログでは、カンタンにお悩みが

解決できちゃうようなことを能天気に

書いてしまったのですが…(;^_^A

 

もちろん、私も、何度も体感していることで

決して嘘ではない効果的な方法です。

 

でも、その前に、人には《感情》があるので

それが邪魔をして、そう簡単にはいかない

かもしれません。 例えば、

 

「…とは言ってもさ、

 アレはないよ。ひどいよ。」

 

など、そういう気持ちのことです。

 

それらは、我慢しなくていいんですよ。

もちろん、相手にぶつけろというわけでは

ありません。

 

感情は、自分でちゃんと感じて、決して

無視せず、よく聴いてあげましょう。

 

子どもの自分が言っているのを、大人の

自分がちゃんと受け止めてあげるのです。

 

感情はちゃんと感じて癒してあげることが

できれば、安心して、どうしたらいいのか

アドバイス等も受け取れるようになります。

 

逆に、癒されないと、ちゃんと、聴く耳を

持つことができません(;^_^A

 

感じていけない感情は一つもありません。

感情も大切な自分の一部です。

 

自分の感情、心の声を大切に♪

 

フラクタル心理カウンセラー
Salon Terrace 認定 心理セラピスト
間山りつ子

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※とは言っても、感情の感じ方、受け止め方、
癒し方がよくわからない…というときは、
セラピーでお手伝いさせていただきます↓