「なぜ?こんな現実、望んだ覚えなんかないのに・・・。」思考は現実化する?!

シェアする

嬉しい出来事があった時、あなたは、こんな風に思いませんか?

「引き寄せたわ!」
「私の普段の行いがいいからよね♪」
「行動したんだから、これは当然の結果だわ。」

つまり、この出来事は、自分が望んだ結果だと、素直に受け止められると思います。

では、ネガティブに感じるような出来事があった時はどうでしょう?

■なぜ?こんな現実、望んだ覚えなんかないのに・・・。

ネガティブな出来事があった時、あなたは、こんな風に思ったりしませんか?

「なんで、私がこんな目に合わなきゃいけないの?!」
「私が一体、何をしたっていうのよ?!」
「これは私のせいじゃない。○○のせいだわ。」
「運が悪かったんだ。」
「これも、私の運命なのかも・・・。」
「神様が私を試しているのね!」   等々。

つまり、これは、「私が望んだことではない」と、そう思うことも多いと思います。

私も昔、そんな風に、思っていました。

「自分が望んでいないことも現実化することがある、これは自分にはどうしようもないことなんだ」と。

本当にそうなのでしょうか?

■自分が望んでいないことも現実化する?

「思考は現実化する」って言葉、あなたも聞いたことがあると思います。

ナポレオン・ヒルの本とか、有名ですね。

ちなみに、私は、この本は、読んだことありません。

本屋さんで、手に取ったことはあります。パラパラとめくって、そのまま戻して、スルーしました。きっと、共感してくださる方、多いと思います。私には難し過ぎました(笑)

ということで、誤解された方もいらしたようですが、プロフィールに書いた私の人生を変えた本は、ナポレオン・ヒルの本ではありません。

今後、このブログの中で、思考のお話など、出てきますが、ナポレオン・ヒルとは無関係です。ご了承ください。

人には、自分が認識している表層意識(顕在意識)と認識していない深層意識(潜在意識、無意識)というものがあるっていうのは、きっと、あなたも聞いたことがあると思います。

いろんな説があるようですが、表層意識は5%以下、深層意識は95%以上と言われているそうです。

つまり、人は、自分のことが、ほとんど、認識できていない、わかってないってことですよね。

ということは、先ほどの、ネガティブな、「私が望んだことではない」と思っている出来事も、もしかすると、深層意識(潜在意識)の方で、無意識に望んでいたのかもしれません。

■「まさか!そんなはずはない!!」

あなたは、そう思うと思います。

ネガティブな出来事なんて、誰も望むはずがない、と。

もちろん、そうです。ネガティブな出来事なんて、誰も望まない。

では、その一見ネガティブに見える出来事が、実は、ポジティブな出来事だとしたら?

望んじゃうかもしれませんね。

ポジティブな出来事がそうであるように、ネガティブな出来事も、引き寄せです。

あなた(の深層意識)が望んだ(思考した)から、現実化しました。

それが、本当かどうかは、今は、いったん、置いておいて、そして、考えてみてください。

■「もし、そうだとしたら?」

もし、そうだとしたら、あなたは、なぜ、それを現実化したのでしょう?

もしかしたら、そこには、何か、『メリット』があるのかもしれません。

一度、考えてみてください。

もしも、『メリット』があるとしたら、それは何?

つづく